北海道キャンプドライブ2017-2 No255
アルバムINDEX    定年いろいろトップページ

北海道キャンプドライブ2017-1
  北海道キャンプドライブ2017-2
北海道キャンプ、昨年は往復自走したが今年は舞鶴から小樽へ新日本海フェリーを利用。夜中の出航で翌日の夜遅く着く、年寄りの生活パターンが大きく乱れる
北海道へ渡ったとき異常な酷暑で7/14(金)小樽着、余市の海水浴場でテント張って翌7/15(土)に西興部森林公園へキャンプして熱中症を発症した

西興部森林公園へテントを張ってから温泉へ意識がもうろうと湯船の中や休憩所で居眠り状態に数時間を過ごしキャンプ場へ飲食一斉出来ず22:00時ころ眠って居たが
急に嘔吐、慌てて手で口をふさいだが防げずテント中へ吐くお昼に食べたものを全部もどした。後、気分がよくなったが飲食する気になれずそのまま就寝した

翌7/16(日)早朝は涼しい、食べられそうなのでおかゆさんとジャガイモ煮とほうれん草のおしたしを少しづつ食べた。雨の予想だったので昨日張れなかったタープを張った
10:00頃にキャンプ場は大雨になった低い位置のテントは野外ステージへ避難していた。大雨騒ぎで昼食は食べずにすぎてしまった。朝食べたものをもどすことはなかった
夕方温泉に入りレストランで夕食をとった、生ビールは味がまだホンモノではなかった、鹿肉の天丼は普通に食べられた。

7/17(月)海の日 朝は涼しく調子がいいが日中はかなりの暑さである、木陰を探して涼をとる。熱中症は快方に向かっていると感じた。夜は豚肉を焼いて食べたが
まだ本当の味ではない、ビールも少し味がおかしい時間の経過を待つしかなさそうである
7/18(火) だんだん回復し普通に戻ってきたようである、Monkeyで付近を走ってみることにした。まず近くの行者の滝へ、興部から紋別・滝上〜西興部へと130Km走った

7/19(水)移動日、西興部村森林公園から岩見沢市北村温泉 北村ふれあい公園キャンプ場へ 0740-1320 223Km Monkeyで買い物10Km
7/20(木)Monkeyで夕張へ旧夕張炭鉱模擬坑道から映画ロケ地幸福の黄色いハンカチ思い出広場へ135Km (Monkey燃料給油点灯282KMで4L)
7/21(金)・7/22(土)北村温泉・キャンプ場で過ごす
7/23(日)Monkeyで北竜町のひまわりの里へ回り道の道道を主に走る。往復227Km
7/24(月)午前中Monkeyで岩見沢へ19Km午後車で三笠のイオンへカセットコンロ買う35Km

7/25(火)北村温泉発0920小樽フェリーセンターへ1130 チケット購入小樽温泉へ 98Km 小樽出航2330
7/26(水)舞鶴着2115 大阪高槻帰着2350 112Km

旅の期間
2017年(平成29年)7/13(木)-7/26(水)13泊14日


新日本海フェリー料金(舞鶴―小樽)
往路(北行)7/13(木)6/22ネット予約 
乗用車4m未満 大阪581き1913 339cm DRツーリストA ¥29730
 帰路(南行)7/25(火) 当日      
往路の予約データで簡単チケット購入 DRツーリストS  ¥39290

走行キロ
 WagonR舞鶴往復224Km 北海道走行702Km 計926Km  Mokey528Km



第8日目7/20(木) Monkeyでツーリング 岩見沢北村温泉から夕張市へ
旧北炭夕張炭鉱模擬坑道

坑道の先端には本物の石炭です
1954年昭和天皇の訪問に合わせて見学可能な模擬坑道になりました

鉄柱カッぺとロング採炭
1948年(昭和23年)ころに採用された鉄柱カッぺ採炭の様子

北海道指定天然記念物「石炭の大露頭」
瀝青炭の露頭のうち6尺層と8尺層の石炭層が模擬坑道でも見られます

石炭歴史村で見つけた懐かしいエンジン(電気着火といっていた)
子供のころもみすり機を動かしたり小さな漁船の動力に使われていました

第8日目7/20(木) 岩見沢から夕張へ
石炭歴史村から映画「幸福の黄色いハンカチ」ロケ現場の想い出広場へ

1977年公開第一回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞「幸福の黄色いハンカチ」
高倉健と倍賞千恵子が再会したラストシーンのロケ現場です

炭鉱住宅を改装した前室;幸福の聖地
来訪者の思いが重なっていく幸せを思う聖地みんなが思いを残しています

管理人も想いを残しました
汚い字やなあー

当時の炭鉱住宅を再現したセット
モニターには山田洋二監督の施設限定インタビュー映像が流されていました

映画では武田鉄矢が乗り回していましたファミリア
NPO法人ゆうばりファンタ
 http://yubari-hankachi.com/

炭鉱住宅の奥側から写しています
第8日目 7/20(木)岩見沢から夕張へ石炭歴史村から幸福の黄色いハンカチへ

夕張から帰って晩御飯 梅干しとたくあんが旨いキャンプでは初めて
コンロの調子が悪い、途中ボンベの接続が外れる
 

 第9日目7/21(金)テントの位置を変更駐車場に近いところへ
一日公園で過ごす洗濯したかな〜

木陰に入らないと暑い
テントの中にはいられないクーラーもって木陰へ逃げる

街中のキャンプ場には薪材がない
何とか拾い集めての焚火

第10日目7/22(土) 今日も天気が良くて暑い
公園内木陰巡り動く気がしない

第11日目 7/23(日)今日も上天気
Monkeyで走ろう R275を避けながら北竜町へ行ってみよう

道道では滅多に車と出会わない 月形から新十津川まで向かう
国道でも幹線道以外は車が少ないのでMonkeyでも走りやすい

道道28号線からR451を経てR275道の駅「田園の里うりゅう」へ
もう少し北に北竜町ヒマワリの里

暑寒別岳の雪形の写真 雨龍(しゅうちゃん)6/15-6/25
道の駅「田園の里うりゅう」で地元のおじさんが写真を配っていました

第11日目 7/23(日)道道を回り道して北竜町ヒマワリの里へ
前はなかった三連水車ができていました

ヒマワリの里
Monkeyで岩見沢から北竜町へ

ヒマワリの里
この日の暑さも本州と変わらない暑さでした

帰り道 道道28号線から寄り道
当別町の道民の森 神居尻地区リンカンビジターセンター

第11日目 7/23(日) 帰り道 道道28号線から寄り道
道民の森 オートキャンプ場立派な施設だったが誰もいなかったMonkey227Km

サブバッテリー(これ要らないかもしれない)
重たいバッテリーを積んできたが12日目に初めて携帯充電した

第12日目7/24(月)北村ふれあい公園キャンプサイトほぼ全景
小高い丘からサイト全景

岩見沢の街へ出て業務スーパーを見つける 買い物Monkey19Km
つぶ貝の大きなのを買ってきて食べるコンロが調子悪い

午後、三笠の街へ大きなイオンモールあり 買い物車35Km
カセットコンロ購入しました

第13日目 7/25(火)もう帰ろう 朝からゆっくり小樽へ移動準備 
今夜までに小樽につけばいい

北村温泉発0920-小樽フェリーセンター1130 切符買って小樽温泉へ
帰りのフェリー切符は行きの予約情報で簡単に購入できた

7/25(火)小樽港へ接岸の「はまなす」
2330発で舞鶴へ向かいます

舞鶴入港車両甲板下船待ち
舞鶴発2120頃ー大阪高槻2350着112Km

ページトップへ

北海道キャンプドライブ2017-1   北海道キャンプドライブ2017-2

inserted by FC2 system